抗真菌薬の情報サイト

抗真菌薬をご存じですか?抗真菌薬は水虫・カンジダなどに効果があるお薬ですが、市販薬でも様々なお薬が売られています。病院に行けない方は薬局やネット通販で抗菌薬を購入でき大変便利です。こちらでは抗真菌薬の情報を皆様にお知らせしていきます。

真菌薬と抗真菌薬の違いとは?

最近、新型のインフルエンザ猛威をふるうなど、感染症に対する危機感がますます高まっています。インフルエンザには、インフルエンザフィルスに感染することによって引き起こされる感染症のことを言います。また、細菌などによって起こる感染症もありますが、こういったインフルエンザと細菌の違いというのはご存知でしょうか。

インフルエンザと細菌の違いは「大きさ」です。
感染症を引き起こすものを病原体といいますが、この病原体にはウィルスと細菌の他に真菌があります。この3つは人間の目には見えるレベルではありませんが、大きさに差があるのです。

ウィルスは人体の細胞の中へ侵入し増殖します。これは、単独で増殖できないという特徴があるため、人体の中へ侵入して増殖します。さらに、細菌は細胞分裂による自己増殖なため、人体に侵入するか毒素を出して人体に傷害を与えます。
次に、真菌というのはカビともいわれ、人の細胞にこびりついて、菌糸とよばれるものを枝分かれなどをしながら成長していきます。

普段は真菌にたいして抵抗があっても、体の異常によって抵抗力を失って症状が現れるのです。
ちなみに、この真菌は細胞よりも大きく、より高等生物として知られています。
水虫やカンジダなどが有名です。

こうした真菌に対して、処方される薬が抗真菌薬といいます。
抗真菌薬と真菌薬の違いについて疑問に思う方もいるようですが、この2つに違いというものはありません。双方とも真菌に対しての治療薬であって呼び方が異なるだけといって良いでしょう。

抗真菌薬は、真菌が体内で成長することを阻害する働きがあります。抗真菌薬は、人間の体にはない植物性の細胞膜にたいして成長を阻害するため、人体に影響はありません。

→水虫治療にはフロリードDクリームジェネリック、ニゾラールがおすすめ
→他にもケトコナゾールが水虫に効く